2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« ねじれた正義感 | トップページ | 青空 »

2019年6月30日 (日)

時代の節目

 時代はゆっくりと、ゆっくりと入れ替わる。普段なにげない日常の中では時間が時計通りに経過する。

 時代はいつの間にか変わっている。時代は場面転換する舞台が、時の裏側に用意されていたかのように変わる。長い時間の中では、滴る水の一滴一滴が、石に穴を開ける。

 MLBで投打二刀流の日本人が活躍し、NBAのドラフトで日本人が指名を受けた。100㍍を10秒を切って走る日本人が2人いる。

 時代は変わったのだ。

 今日は「板門店」で「アメリカ大統領」が「北朝鮮労働党委員長」と「会談」した。また、日本がIWC(国際捕鯨委員会)を脱退した。

 時代の場面転換には時間を要するが、今日のように節目となる日が必ずある。滴る水が石に穴を開ける瞬間があるように。

 時代はゆっくり、しかし、確実に入れ替わる。

 それは同時に登場人物が入れ替わることであり、それまでの秩序が入れ替わることでもある。

 北朝鮮労働党委員長は、数十年の後、「平和の象徴」として生涯を終えるかもしれない。歴史の評価も変わるだろう。

 IWCからの脱退も、単に「クジラを捕獲する取り決め」から脱退しただけなのだろうか。得体は知れないが、「もっと大きな、もっと重要な何かから、この国が抜け出した」ことにならないか。

« ねじれた正義感 | トップページ | 青空 »

雑感」カテゴリの記事