2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト
無料ブログはココログ

2018.12 晩年の節操

201811211 「晩節」 季節の終わりという意味だが、ほとんどの場合、「人生の晩年」の意味使われる。更に「晩年における節操」を指す言葉でもある。

 どの年齢層を人生の晩年と捉えるかは人それぞれだが、「人生の時間」の考え方は二つあるように思う。ひとつは寿命。ひとつはリタイアするまでの時間。寿命時間で考える晩年は「リタイア後」ということになる。リタイアまでの時間で考える晩年は「50歳以降」あたりだろうか。

 ひと月前、ウェブページに「スペンサー・シリーズ」(ロバート・B・パーカー 1932-2010)の「晩秋」について記した。

    http://kasa.air-nifty.com/blog/20181101.html

 「初秋」で自閉症だった少年が、10年後、立派に成長した姿を見せるのが「晩秋」だった。

 「日産リバイバルプラン」を成し遂げ、歴史的な経営者となった人物が、20年後、私欲に溺れ堕落した姿を見せた。

 「晩秋」でスペンサーが語る言葉が真実味を帯びる。

           「真実が人を解放するとは限らない。しかし、偽りは人を絶対に解放しない」

 人生の晩年は自分自身にのみ縛られるもの。「晩節」を肝に銘じ、戒めていく必要がある。