2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト
無料ブログはココログ

2018.09 ヒールジャパン

 今年の夏は「平成」最後の夏だった。猛暑だったという理由だけではなく、居心地の悪い、後味の悪い時間だった。

 1990年にリリースされた浜田省吾のCD「誰がために鐘は鳴る」。その中の10曲目に「詩人の鐘」が入っている。28年前のこの歌の歌詞のとおり、この国の在り方について“警鐘”という鐘が鳴っている。鳴り続けている。

   「詩人の鐘」

    銀行と土地ブローカーに生涯を捧げるような悪夢のようなこの国の

    飽食とエゴに満ちた豊さの裏側で痩せ細る南の大地

    未来へのシュミレーション破滅を示す時

    鐘が鳴ってる 約束の地に打ち上げられた罪を知る者に

    鐘が鳴ってる 聖者のように魂の声を聞く者に 闇を裂いて閃いてる 1999

    タブーだらけの自由の中で葬られてゆく孤立した叫び声

    自浄出来ぬシステムに真実はねじ曲げられ 幻想だけ煽られてく

    プラスティック・インフォメーション メディアを満たす時

    鐘が鳴ってる 非武装の地を争うことなく追われる者に

    鐘が鳴ってる 天使のように愛しい人を導く者に 見守るように遠く深く 1999

    蒼ざめたイルミネーション孤独を照らす時

    鐘が鳴ってる 欲望の地で誇りと理想に生きる者に

    鐘が鳴ってる 詩人のように傷ついた心いたわる者に 輝いてる清く強く 1999

  http://kasa.air-nifty.com/blog/2018/08/post-609c.html

  http://kasa.air-nifty.com/blog/2018/08/2-619f.html

  http://kasa.air-nifty.com/blog/2018/08/post-0194.html

  http://kasa.air-nifty.com/blog/2018/08/4-57d0.html