2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト
無料ブログはココログ

« 広報部員 | トップページ | 「自由席」は「非指定席」 »

2018年9月15日 (土)

広報紙

 古くからある金融業界専門紙の社説に、スルガ銀行のシェアハウス関連融資問題が載った。

 「同行のビジネスモデルは明らかにまやかしだった。新経営陣が創業家と決別する道筋を明確にしなければ、再建は到底望めない。利益優先だったことは疑いようがない。ただ、個人に特化したスルガ銀がITを使った先進的サービスなどで利用者から評価を得ていたことは事実だ。どこで歯車が狂ったのか検証し、出直すしかない。現在も検査を続ける金融庁には全容を解明し、厳正な処分を求めたい。不埒な経営を許した責任の一端はある」(以上、抜粋して引用)

 新聞だからといって、そこにジャーナリズムがある訳ではない。最後に監督官庁の責任問題をチクリ。礼賛したのは監督官庁だけだったか?

 先進的といわれたビジネスモデルが“巨悪”を覆い隠していたことを追及する気概は1㍉もない。この専門紙に取り上げられることが名誉であり、勲章であるかのような時代があった。しかし、それももうすぐ終わりだろう。

« 広報部員 | トップページ | 「自由席」は「非指定席」 »

雑感」カテゴリの記事