2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト
無料ブログはココログ

« トラック野郎と沖縄 | トップページ | 猿倉山ビール醸造所(南魚沼市) »

2018年8月16日 (木)

珠玉の言葉

 山口県の山中で行方不明になっていた2歳の男児が68時間ぶりに発見され、保護された。発見したのは大分県から男児捜索のボランティアに訪れた78歳の男性だった。男性が語った珠玉の言葉を記す。

「私は子どもを産んだ覚えはないけど、女の人じゃないけど。だけど、十月十日おなかに入れて命がけで産んでおっぱい飲ませた子どもを、3日、4日って行方不明になっていたら、お母さんは正常ではないと思うんです。だから私はお母さんに見つけたら必ず手渡しで渡すって約束したからね。だから警察官が法律みたいなのがあって、決まりだから渡してくださいって言ったけど、ダメですと言った。約束は守らないけんと思ったから、それを守らせてもらったんです」

「食糧も、寝る場所も自分自身で。これが基本だろうなと思って。現場に来てから、ここの人にいろいろなものを頼ったり、もらったりするのは、私はボランティアとしてしちゃいけないことだなと。自己完結、自己責任。怪我しても自己責任。何があっても自分で責任を取らんほうが悪いと思ってる」

「世の中に重たいものはいっぱいあると思いますけど、人の命よりも重いものはこの地球にはないと思ってるんです。だから、年齢・性別関係なく、自分ができるだけのことはお手伝いさせてもらいたいと思って大分県から来たわけです。(男児を発見)出会わせてくれて、元気で下りられたことは、私は最高の幸せです」

「(救出した男児に対し)もしどこかで元気で大きくなったら、人が喜ぶことをしてあげてと私は伝えたいです。人が悲しむことじゃなくて、人が喜ぶこと。小さくてもいいから人が喜ぶことをしてあげてねと言いたいです」

« トラック野郎と沖縄 | トップページ | 猿倉山ビール醸造所(南魚沼市) »

雑感」カテゴリの記事