2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト
無料ブログはココログ

« 四季邸 一縷(上越市) | トップページ | 高給で最低な仕事 »

2018年7月 5日 (木)

棘のある言葉

 サッカー・ロシアワールドカップを終えた日本代表チームが帰国した。辛口のサッカー解説で知られるセルジオ越後氏のコメントだけが心に刺さった。

 (日本は予想を上回る健闘を見せたが) 「ベルギー戦の3対2というスコアは結果的に惜敗だが、内容的に大きな差があった。W杯は結果。内容じゃない。冷静に振り返ってください。10人の相手(1次リーグ コロンビア戦)に1勝して、あとは「2敗1分け」のチームが強いという根拠はどこにあるんですか」。

 (日本代表が世界から賞賛され、その奮闘を称える国内の風潮について) 「強い国は負けたら慰めはない。日本は負けても慰める。それは強くない証拠」

 彼の言葉には棘(トゲ)があるが、その言葉は薔薇の花束のように深い愛情が込められている。評論家や批評家とはこういう人のことを指すのだろう。

« 四季邸 一縷(上越市) | トップページ | 高給で最低な仕事 »

雑感」カテゴリの記事