2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト
無料ブログはココログ

« 紙のカーネーション | トップページ | SNSが世の中を掃除している »

2018年5月24日 (木)

旧知の人、2人

 旧知の人に会った。1人目は7年ぶり。

 汚い言葉(自分はそう捉えた。汚い言葉ではないのかもしれない)を修正して言うと、「組織が衰退したのは甘くて緩い人間が多くなったせいだ」。その言葉は「だから自分は北朝鮮の体制を敷く」と続く。

 人は弱い。独裁体制を敷く者は臆病者。そして「テイカー」だ。甘く、緩くても成績は伸びる。その成功体験を知らない。テイカーによって疲弊し、搾取される「ギバー」と「マッチャー」。

 本質的に強靱な組織は「しなやか」であることが多い。つまり、北朝鮮ではなくアメリカの体制ではないか。「多様なことが強いこと」と考えるようになったのは25歳の頃だが、今年50歳になる彼は「北朝鮮的なもの」が強さだと信じているようだった。

 旧知の人に会った。2人目は24年ぶり。

 子育てが終わり、働き出したという。送別会の後、近所で別れたのが最後。

 1人目の彼は北の凍土に立つ針葉樹のようで、2人目の彼女は南の島に立つ広葉樹のようだった。

    http://kasa.air-nifty.com/blog/20180401.html

« 紙のカーネーション | トップページ | SNSが世の中を掃除している »

雑感」カテゴリの記事