2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト
無料ブログはココログ

« 訃報、そして悲報 | トップページ | ごはん処食堂ミサ(妙高市) »

2018年5月16日 (水)

組織的なタックル

 嫌な予感がしていた。図らずもその予感が当たっていたようだ。

 大学アメリカンフットボール界の名門同士の試合で行われた悪質タックル問題。タックルをしたディフェンスの選手は監督に「責任は俺が取る」と言われていたという情報がある(※)。選手はこの試合で反則を繰り返し退場処分となっていた。試合の反則場面を見て、“不自然さ”を感じた人は多いと思う。

 繰り返すが、試合はアメリカンフットボール界の名門校によるもの。このレベルの試合では、試合に出場すること自体が難しい。出場 = 大学アメフト界最高レベルの選手ということになる(後にわかったところではタックルした選手は大学日本代表候補)。

 プレー数秒後のタックル、度重なる反則。これが選手自身によるプレーであったなら、彼は次の試合に出場できないだろう。選手層が厚いチームに「代わりはいくらでもいる」からだ。にもかかわらずこの選手は、プレー数秒後にタックルを試み、その後も反則を繰り返した。それができたのは、そのラフプレーが“公認されたもの”だったからだろう。

 タックルを受けたのはアメフトの花形であるクォーターバックで、将来のエースと目される選手だった。当該大学のアメフト部監督は試合の後、公の場に姿を見せていない。日本のスポーツ界の嘘臭い部分が露わになった。これと似たような構図は社会と会社のあらゆる場面で起こっている。勝利至上主義は利益至上主義と同義語だ。監督個人だけの罪ではないことを肝に銘じたい。

    http://kasa.air-nifty.com/blog/2018/04/post-9c9b.html

※追記 タックルが監督のオーダーだったか否かの真偽は明確ではない。「フェイクニュース」に加担するつもりはないが、反則場面に“不自然さ”、“不可解さ”を感じたこと、日本のスポーツ界も社会の縮図のような様であることを記したので、記事はこのままにします。

« 訃報、そして悲報 | トップページ | ごはん処食堂ミサ(妙高市) »

雑感」カテゴリの記事