2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト
無料ブログはココログ

« SNSが世の中を掃除している | トップページ | 大黒製パン(見附市) »

2018年5月26日 (土)

新潟デビュー馬のダービー馬

 明日はダービー(東京優駿)。今年の出走馬には新潟競馬場でデビューした馬が3頭いる。タイムフライヤー(父ハーツクライ)、オウケンムーン(父オウケンブルースリ)、サンリヴァル(父ルーラーシップ)。

 タイムフライヤーはGⅠホープフルステークスを勝ち、オウケンムーンは近年、クラシックに直結すると言われるGⅢ共同通信杯を制した。サンリヴァルは前走のGⅠ皐月賞で2着と好走した。いずれも実績は申し分ないのだが、人気は順に12番人気、13番人気、14番人気(前日オッズ)。

 先週のオークスを勝ったアーモンドアイ(父ロードカナロア)は新潟競馬場デビュー馬。新潟デビュー馬のオークス制覇はメジロドーベル以来、21年ぶりだった。

 「新潟競馬場デビュー馬による同一年のオークス・ダービー制覇」という記録はあるのだろうか。直近の新潟デビューのダービー馬は3冠馬・オルフェーヴル(父ステイゴールド)。1番人気馬や最内枠(1枠1番)が強いダービーを、今年は1番人気のダノンプレミアム(父ハービンジャー)が1枠1番で迎える。データはこの馬が主役であることを裏付けているのだが。

 懲りもせず、新潟デビュー馬の馬券を買う。皐月賞同様、軸馬から3頭へ。

« SNSが世の中を掃除している | トップページ | 大黒製パン(見附市) »

競馬」カテゴリの記事