2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト
無料ブログはココログ

« ラーメン食堂あしょろ(長岡市) | トップページ | だるまや女池店(新潟市) »

2018年4月20日 (金)

汚れた雑巾 など

20180421 最近、身近に起こったことがいくつかある。それら全てが根っこで繋がっているような気がするので記す。

 ①汚れた雑巾  毎日毎日、机の上を拭き続けている人がいる。おそらくもう何年も続いている習慣だ。1日の仕事を気持ちよくスタートさせるための好ましい習慣ではある。しかし、毎日手に取る雑巾はひどく汚れている。これまで何年もの間、机上のホコリを拭き取ってきた雑巾は灰色に変色している。その変色は汚れと呼ぶのではなく、疵(キズ)と呼んだ方が相応しい。「名誉の負傷」。

 ②捨てられる銀行  ブックオフで「捨てられる銀行」という新書を買った。2年前、2016年の発売当時はかなり売れた本。銀行は完全崩壊とまでは行かないものの、溶け始めた巨大な氷壁は自身の塊(かたまり)を維持することができないだろう。氷壁は、一見すると頑強な岩のように見える。しかし、実態は水が固まっているだけに過ぎない。溶け出した氷は意外なほど早くその姿を消すものだ。

 ③車検専門店  妻の軽自動車の車検費用が15万円。もちろん多くの部品交換があったのは事実。車検専門店というビジネスが浸透し始めてから20年ほど経つ。車検専門店というビジネスモデルがどういうニーズから産まれてきたのか車検専門店は忘れている。

 ④怒鳴る社長  商談の場面で怒鳴る社長に遭遇した。ビジネスの席上て声を荒げる社長が「まだ」いることに驚いた。

 どんな立場であれ、個人が「あたりまえ」と考えていることが、世の中とは遥か遠く離れていることがある。「あたりまえの船」に乗っている人は、その船の位置を測ることができない。大切なのは「悪いのは方向を見失った船だ」と考えないことだろう。この国では、たいていの組織が好ましくない方向に向けて舵を切っている。

 組織の責任ではなく、個人が「自分自身の位置」を確認することを怠ると、あたりまえの船を全速力で漕いでいるのが、その人自身であるということになりかねない。

« ラーメン食堂あしょろ(長岡市) | トップページ | だるまや女池店(新潟市) »

西向きの窓辺」カテゴリの記事