2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト
無料ブログはココログ

« GIVE & TAKE | トップページ | 生誕90年記念 藤沢周平展 »

2018年4月 2日 (月)

49歳の地図

 新年度。自分の環境にも転機と変化が訪れた。

 日本は民主主義・資本主義・自由主義・平和主義・立憲主義…これらの原理原則を持つ国。もうひとつ「会社主義」の国でもある。その中身は2つある。

 ひとつは制度上の仕組み。納税、社会保険、年金、その他の事務を企業に代行させ国の行政が運営されている。もうひとつは我々の精神構造。旧い日本では新卒採用で就職した後、定年までその会社に勤務するのが当たり前だった。現在では終身雇用は崩壊したが、キャリアアップを伴う転職はごく僅か。日本では離職すると再就職が難しい構造になっている。

 雇用というセーフティーネットは会社員(会社に所属している状態)であれば担保され、そこから離脱した者は、その理由の善悪を問わず雇用のセーフティーネットは担保されない。

 雇用政策は企業に属した会社人に対してはある程度行き届く。しかし、離脱者へのそれはほとんど機能していない。勤労は国民の三大義務のひとつなのだが、他の二つの義務である納税や教育に比べると、その体制の脆弱さが際立っている。会社を通じて行う諸施策を“上半身”だとすれば、個人に向けて行う諸施策は“下半身”。その下半身はハリボテだ。

 49歳の地図は色褪せている。それでも地図が地図であることの価値は、現在地と方向、どこに何があるかを示すこと。

« GIVE & TAKE | トップページ | 生誕90年記念 藤沢周平展 »

西向きの窓辺」カテゴリの記事