2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト
無料ブログはココログ

« オマケにつられて | トップページ | 信越線 立ち往生 »

2018年1月11日 (木)

王様と奴隷

 強い冬型の気圧配置が続く。九州や四国でも雪が降った。長崎では雪が舞う中を路面電車が走っていた。そこはまるで函館のように映った。この辺の降雪量は雪国としてはたいした量ではない。しかし、根雪になるには充分な量が積もった。雪国では雪が王様だ。誰がご機嫌をとっても、一切、配慮の余地はない。

 無意識にスマートフォンを使っていると、「アプリの使用許可」が必要になる時がある。いくつかの項目で画面をタップするだけなのだが、この簡便さが怖い。

 LINEはもちろん、スマホで比較的使用する機会が多い地図アプリに道案内を任せるためには、位置情報だけでなく、登録してある電話番号や保存するデータ(写真など)へのアクセスを許可しなければならない。なぜアプリを利用する際に内蔵データへのアクセスを許可し、個人情報を提供し、プライバシーを開示しなければならないのか。

 もちろん拒否する権利はある。情報提供に同意しなければいいのだが、即ちそれはスマホやアプリの利便性を享受できなくなる。結局、現状は「受容か遮断」の二者択一しかない。

 現在のスマートフォンが置かれている状況は、大手キャリアやアプリ提供業者に過剰に権限が与えられているといえないだろうか。かなり不公平な関係、まるで“王様と奴隷”だ。利用者はもっと声を上げていいと思う。最小限(誰のスマホからの通信か)の情報提供で、より便利なアプリを使用できるスマホ。次世代のスマホは、そういうものであって欲しい。

« オマケにつられて | トップページ | 信越線 立ち往生 »

雑感」カテゴリの記事