2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« ワイドショーからナローショーへ | トップページ | 雪国の矜持 »

2018年1月28日 (日)

草木万里野(長岡市)

 これから記そうとしている「草木万里野」とは直接関係ないことを少し。

 アメリカ映画では、街の郊外にあるレストランやバー(suburban restaurant & bar)がよく出てくる。そこにはたいていの客は車で来る。車は大型のSUVやUSAトヨタのカムリ、USAホンダのアコード、そしてピックアップトラックの客もいる。少し気の利いた店になると、客はエントランスで車を降り、キーはレストランのボーイに預けて入店する。食事を楽しんだ後、車はエントランスに回されている…。

 主に北関東で店舗展開している草木万里野(くさきまりの)長岡花園店が12月中旬にオープンした。「アメリカ映画に出てくるような店」とは趣は異なるものの、近隣の既存店にないコンセプトを持った、とても特徴的な店だ。店舗の建設工事が着工から開店までかなり時間を要していたので期待していた。時間をかけることはコストをかけること。何らかのこだわりがある店と、勝手に想像していたからだ。想像は期待どおりだった。

201801271201801272

201801273

 オープンからひと月。先に何度か食事に行っていた妻のすすめもあって、弟夫妻と食事に出かけた。最大の特徴は顧客ターゲットがファミリー層ではないことだろう。大人の店、大人たちの店だ。店内はいくつかのゾーンに分かれている。入店して左側は少人数向けのブース状に区切られた4人がけのテーブル席。夕食時は店内のライトが落とされ、食事とともに会話を楽しむ空間が演出される。店内右側はグループ向けの半個室テーブル席。ここは小上がり席になっていて、靴を脱ぐ。更に右最奥は2人用テーブル席。ここはブース状の仕切りがない。店内中央はカウンター席と4人テーブル席がある。エントランス脇に4人テーブル席が2つ。シチュエーションに合わせて使い分けられるのが嬉しい。

 料理はイタリアン風、アジア風、和風の創作料理といった趣。ドリンク類、アルコール類を含めメニューは豊富で、デザート類もかなり充実している。立地もいい。街に出れば雰囲気の良い店もあるが、「車で」という訳にはいかない。また、価格面の満足度も高い。2人ならデザートを入れて6千円程度だろう。もちろん酒量によって異なる。

 様々なシーンで使えるが、マッチするのは「子育てを終えた夫妻(あるいは子どもたちを預けた夫妻)が、カジュアルな食事を楽しむ」というシーンだろう。夫婦・恋人のどちらかがハンドルキーパーで、時には2人で飲んでもいい。ただそんな時は代行を呼ぶのではなく、歩いて帰りたい。家からは2㌔。徒歩30分の距離。料理・雰囲気・価格・立地・サービス、いずれも高いレベル。オーダーはタッチパネル方式。このご時世、これはサービスとして評価すべきだろう。タッチパネルは味気なさもあるが、つい、1品余計に注文してしまう。会計にクレジットカードが使えないのが若干不便だが、いずれも評価が下がる訳ではない。

 茶屋 草木万里野 長岡花園店 長岡市花園土地整理事業地内25(原信花園店駐車場地内) ℡0258-86-8189 営業時間:11時~24時

« ワイドショーからナローショーへ | トップページ | 雪国の矜持 »

お気に入り」カテゴリの記事

街の風景」カテゴリの記事