2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト
無料ブログはココログ

« In This Country | トップページ | 世界は悲観的ではない »

2017年12月24日 (日)

2017年 有馬記念

2017arima 有馬記念が“リピーターレース”(前年に馬券対象になった馬が、翌年も1頭好走する傾向)であることは競馬ファンなら知っている。“有馬記念はリピーター馬”というのは、自分の中で、かなり信頼する競馬格言。

 キタサンブラックは昨年、リピーターの役割を終えているので無印。サトノダイヤモンドが出走してくれば問題なかったのだが、不出走。騎手リピートならルメールか武豊だが、ルメールは今年連対実績がないクイーンズリング、武はキタサンなのでともに無印。厩舎リピートなら池江厩舎のミッキークイーン、サトノクロニクル。馬主リピートならサトノクラウンもいる。

 格言は二の次に見当すれば、スワーヴリチャードとサトノクラウン。そして、2016年クラシック世代軽視、2017年クラシック世代重視。更に「ジャパンカップ→有馬記念」の連勝は3歳時から活躍した名馬に限られるため、シュヴァルグランも軽視。

      http://kasa.air-nifty.com/blog/2017/12/post-5679.html

 ◎スワーヴリチャード(3歳牡 M.デムーロ騎乗) ○シャケトラ(4歳牡 中山巧者) ▲サトノクラウン(5歳牡 R.ムーア騎乗・馬主リピート) △サトノクロニクル(3歳牡 厩舎・馬主リピート) △ブレスジャーニー(3歳牡 今年前半ケガに泣いた)

« In This Country | トップページ | 世界は悲観的ではない »

競馬」カテゴリの記事