2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト
無料ブログはココログ

« サムライのような仕事 | トップページ | 去り際の言葉 »

2017年11月19日 (日)

ファインモーション

 平野部では初雪になった。「雪の妖精」という美しい名を持つ強い牝馬がいた。自分にとっての最強牝馬はスノーフェアリーだと記した。

    http://kasa.air-nifty.com/blog/2017/10/post-ba84.html

 最近10年を振り返れば、ウオッカ、ダイワスカーレット、ブエナビスタ、ジェンティルドンナ、ショウナンパンドラ、マリアライト…牡牝混合の古馬GⅠを勝つ牝馬が珍しくない。

 強さの比較はできないが、衝撃度という点で、ヒシアマゾン、エアグルーヴ、ファインモーションの3頭が印象に残っている。

 ヒシアマゾン(父Theatrical)の走りは狂気的に映った。フローレンス・グリフィス・ジョイナー(アメリカ陸上選手 1988年ソウルオリンピック金メダリスト 女子100㍍世界記録保持者)が走る姿に重なった。次元が違った。

 エアグルーヴ(父トニービン)は1997年秋の3戦が忘れられない。天皇賞1着→ジャパンカップ2着→有馬記念3着。天皇賞で並み居る牡馬を退け、ジャパンカップではピルサドスキー(その年のアイルランド・チャンピオンステークスとイギリスのチャンピオンステークスの覇者)の2着だった。世界に肉薄した。

 ファインモーション(父Danehill)は外国産馬。馬名に偽りのない、躍動感溢れるフォームが印象的だった。兄が前述のピルサドスキーで、繁殖用として購入されたデインヒル産駒の輸入牝馬だった。しかし、引退後のファインモーションは受胎不可能な体質であることが判明し、当初の購買目的を果たすことはできなかった。 

 今日はGⅠマイルチャンピオンシップ。ファインモーションは2003年が2番人気で2着、引退レースとなった2004年が2番人気で9着。勝った馬は両年ともに日本競馬の5指に入る名マイラー・デュランダル(父サンデーサイレンス)だった。デュランダルとファインモーションの配合馬を見たかった。

  人知を超えた領域がある  人生に必要な知恵はすべて競馬場で学んだ

« サムライのような仕事 | トップページ | 去り際の言葉 »

人生に必要な知恵はすべて競馬場で学んだ」カテゴリの記事