2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト
無料ブログはココログ

« 氷山の一角 | トップページ | 天皇賞・秋 記録と記憶 1 »

2017年10月27日 (金)

ヒノマルステーキ(長岡市)

Img_20171014_185146 各地でちょっとしたステーキブームを起こしている「いきなりステーキ」が市内のショッピングモールにも出店した。運営会社の店舗拡大戦略がニュースになっていた。今日はラーメンチェーン店の幸楽苑がフランチャイズ展開するというニュース。指折りの成長企業だ。外食でステーキ店を使う人がどのくらいいるのかわからないが、確かにチェーン店や地元資本のステーキ店も少なくない。利益率が高い業種なのだろう。

 思い出したように「ヒノマルステーキ」に行ってみた。同店が営業している喜多町のあの場所は、入居する飲食店の入れ替わりが激しい場所だ。価格は肉の部位や量によって上下するが、ステーキはライス・ドリンクをつけておよそ3千円から、ハンバーグやグリルだとライス・ドリンクをつけておよそ2千円からという価格帯。アルコールも考えたが、ステーキは熱々でこそだから自重した。ステーキ店を評価する知見も味覚もない。普通に美味しくいただいた(写真はサーロイン300㌘)。

 大手チェーンを含め、同業他社との差別化が難しそうだ。「いきなりステーキ」は身構えて食べるステーキではなく、よりカジュアルに楽しませるコンセプトと聞く。しかし、前記のとおり、ステーキを外食に使う家庭はどのくらいあるのだろう。4人家族なら1万円では収まらない。アベノミクスの集大成として、目に見える、実感できる賃上げが行われれば別だが。

 ヒノマルステーキ長岡店 長岡市喜多町995-4 定休日:無休 営業時間:11:30~14:30/17:00~21:00 (土・休日は昼休憩なし)

« 氷山の一角 | トップページ | 天皇賞・秋 記録と記憶 1 »

街の風景」カテゴリの記事