2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト
無料ブログはココログ

« HAC ポータブルBBQグリル | トップページ | The Moonlight Cats Radio Show »

2017年9月22日 (金)

忍び寄る影

Img_20170828 明日は秋分。今年はもうとっくに秋の風が吹いている。秋分は季節の大きな節目。ある“大きな節目”が近づいている。

 インターネットのホーム画面をYahoo! Japanのトップページに設定している人は多いと思う。HP上の様々な記事の下に「おすすめコンテンツ(提供リンク)」という場所がある。提供リンクについては、「企業などから出稿費をいただきYahoo!に掲載しているプロモーションページへのリンクです」と偽りなく説明されている。

 最近、この提供リンク=広告欄に、東京電力ホールディングスが大量出稿している。そのリンクは、柏崎刈羽原子力発電所の安全性向上への取組みを漫画で説明する画面に遷移する。

 インターネットの特性はたくさんあるが、他のメディアとの比較では、情報の即時性、コミュニケーションの双方向性が群を抜いている。しかし、それ以上に優れている点は「雑多であること」だと思う(多様性では美しすぎる)。

 「雑多であること」の魅力は2つある。1つはインターネットの世界には、“ほぼすべてがある”こと。そして、もう1つは“検閲を受けていないこと”。検閲を受けていないというのは、権力の管理下にないこと、権威の関与がないこと。多少の危うさを持っていること。

 東京電力ホールディングスのインターネット広告はYahoo! Japanのみならず、MSNやnifty、朝日新聞デジタルなど数多くの大手サイトに出稿されており、その頻度は日増しに大きくなっている。震災前、電力という独占的な巨大権益を背景に、それらが産み出す巨額な広告宣伝費が、新聞やテレビ、多くのメディアを牛耳っていた。インターネットの自由で雑多な世界が、その暗闇で覆われないように願う。

 世界最大の原子力発電所である柏崎刈羽原発の再稼働が近い。“世界最大の原発リスク”が再び稼働する。“大きな節目”が近づいている。

 【追記】10月4日 原子力規制委員会は東京電力柏崎刈羽原発6号機、7号機(135.6万KW)が新規制基準に適合しているとする審査書案(事実上の合格証)を了承した。福島第1原発事故を起こした東京電力の原発が合格するのは初めて。沸騰水型原発としても初の合格となる。正式な審査合格は今冬になる見込。新潟県の米山知事は原発事故の検証を優先する方針で「検証には3、4年かかる」と述べており、再稼働の時期は見通せない。「東京オリンピック閉幕後、速やかに」というスケジュール感だろう。

« HAC ポータブルBBQグリル | トップページ | The Moonlight Cats Radio Show »

西向きの窓辺」カテゴリの記事