2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト
無料ブログはココログ

« 8つのマグネット | トップページ | 踊るように髪を切る »

2017年6月24日 (土)

ビートルズとジョン・レノン、そして宝塚記念

 TVのバラエティ番組のエンディングでビートルズの“Let it be”が流れ、ドラマの回想シーンでジョン・レノンの“Love”が、エンディングで“Mind games”が流れた。ファンという訳でもなく、それぞれのCDを1枚ずつ持っているだけ。

 ビートルズのCD「 ザ・ビートルズ 1 」は、解散から30年経過した2000年に発売された。イギリスの「ミュージック・ウィーク」とアメリカの「ビルボード」で1位になった曲を収録したベストアルバム。発売1週でのセールス360万枚はギネス記録になっているという。ジョン・レノンのCD「 Lennon Legend 〜The Very Best of John Lennon 」は、1997年に発表されたベストアルバム。生前に発表されたシングル曲に加え、死後に発表されたシングル曲も収録している。

 「ああ、この歌か」と思う曲がほとんどだ。曲自体もそうだが、曲のタイトルやセンテンス、フレーズが、現在でも繰り返し使われる「頻出語」になっていることに驚く。よく似たメロディを耳にすることもある。同名の映画や小説、CM、そして同名の楽曲もある。彼らの音楽は未だに巨大な影響力を持ち続けている。そして、彼らの次の世代に莫大な影響を与え続けている。ビートルズ、ジョン・レノン、ポール・マッカートニーを聴いて、多くのソングライターが産まれた。そのソングライターを聴いて、次の世代のソングライターが産まれた。更にその血や精神は、次世代へ次世代へと受け継がれている。

 「次世代へ、次世代へと受け継がれる血」といえば競馬。現代の世界中の競走馬(サラブレッド)の父系を遡ると、バイアリーターク(Byerley Turk 1679年)、ダーレーアラビアン(Darley Arabian 1703年)、ゴドルフィンアラビアン(Godolphin Arabian 1724年) の3頭にたどり着くという。ビートルズは現代音楽の始祖というところだろうか。

 明日の「宝塚記念」は競馬の上半期締めくくりのレース。出走馬をファン投票で選出するなど有馬記念に倣って、1960年に第1回が実施された。実はビートルズが The Beatles というバンド名になったのが1960年の夏だという。58回目を迎える宝塚記念は、キタサンブラックの1強ムード。しかし、梅雨時の同レースは思わぬ伏兵が台頭することもある。安田記念もそうだが、生涯唯一のG1勝利が本競走という馬も少なくない。出走馬ミッキーロケットの母の名はマネーキャントバイミーラヴ。ビートルズに「Can't Buy Me Love」という曲がある。ビートルズと宝塚記念が思わぬ所で符合した。現役最強馬・キタサンブラックから、伏兵・ミッキーロケットの馬券を買う。

« 8つのマグネット | トップページ | 踊るように髪を切る »

競馬」カテゴリの記事