2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト
無料ブログはココログ

« 東華飯店(見附市) | トップページ | 雪国人の宿命 »

2016年12月11日 (日)

先進国中最下位

 「東洋経済オンライン」から要約して引用(斜体文)。 

 1.GDP第3位→ 1人あたりGDP第27位(先進国中最下位) 

 2.輸出額第4位→ 1人あたり輸出額第44位 

 3.製造業生産額第2位→ 1人あたり製造業生産額はG7平均以下

 4.研究開発費第3位→ 1人あたり研究開発費第10位 

 5.ノーベル賞受賞者数第7位→ 1人あたりノーベル賞受賞者数第39位 

 6.夏季五輪メダル獲得数第11位→ 1人あたりメダル獲得数第50位 

 世界に190以上の国がある中で日本はGDP第3位の経済大国。輸出額、製造業生産額、ノーベル賞受賞数などの世界ランキングで日本は高い地位を占めている。しかし、日本では「1人あたり」という話は聞かれない。国民1人ひとりの豊かさや、個人の能力発揮度合を見るには、「1人あたり」のほうが適切だ。日本は人口が多い(先進国で1億人以上の人口は米国と日本だけ)という要因はあるものの、「国は高いランキングにいるが、1人あたり(個人)で見ると順位が大きく下がる国」。デービッド氏の母国イギリスはかつて「イギリス病」などと呼ばれ、衰退していく国家の見本のように語られていたが、サッチャー首相が断行した改革等によって、欧州第2位の経済国に復活した。日本人が長時間労働をし、有休も取得せず働いても、「生産性は世界第27位」。労働者1人、1時間あたりで計算するとイタリアやスペインを下回り、先進国最下位の生産性。「失われた20年」を経て、日本は「日本病」に陥っていることを認識すべき。 

 デービッド・アトキンソン ゴールドマン・サックスのアナリストから、日本の国宝・重要文化財の補修を手掛ける小西美術工藝社に転じ、現在は社長。オックスフォード大学で日本学を専攻し、裏千家茶名を拝受する等、日本文化への造詣が深い。1965年イギリス生まれ。

 こういう記事を日本経済新聞で見たことがない。

« 東華飯店(見附市) | トップページ | 雪国人の宿命 »

雑感」カテゴリの記事