2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト
無料ブログはココログ

« J.BOY 30th Anniversary | トップページ | 大衆焼肉きらく(見附市) »

2016年11月11日 (金)

急性声帯炎を案じる

Mainimg13_2 1週間前の金曜日にメール配信された「浜田省吾ツアー 公演延期のお知らせ」に驚いた。「11月5日(土)、6日(日) マリンメッセ福岡にて予定しておりました『ON THE ROAD 2016 “Journey of a Songwriter” since 1976 』は、本人の急性声帯炎、急性咽頭喉頭炎の為、公演を延期させていただくこととなりました」というもの。

 彼は1952年12月生まれ。来月には64歳になる。ライブ・ツアーを活動の根幹とし、少々のことではライブに穴を空けない。そのことは40年のキャリアが証明している。だからこそ、長年のファンは心配する。

 彼が「ライブは一期一会」と口癖のように言うこと。昨年、“Journey of a Songwriter”のリリースがオリジナルアルバムとしては前作“MY FIRST LOVE”から10年経過していたことについて、「自分の音楽を記録するために必要な時間だった」と語ったこと。ファンに対し「僕の歌を人生のバックグラウンドミュージックに選んでくれてありがとう」と話すこと。「千里の馬」(下記リンク)のようなエピソードを記していること。

 枚挙にいとまがないが、つまり、彼は“誠実”なのだ。

 これまで、人生の様々なシーンで、彼と彼の歌に励まされたり、癒されたり、気づかされたりしてきたのは、彼がシンガーソングライターであり、詩人であり、更には“ジャーナリスティックな視線”を持っているから。

 多くのファンが彼を想い、慕い、信じてきた。来週、横浜アリーナでのライブが予定されている。横浜で、あるいは次の名古屋で復帰することを願っています。しかし、「声帯、咽頭、喉頭」それぞれの炎症を軽く扱わないで欲しい。

 私と同じように、多くのファンの人生の傍らには、常に、彼のレコードやCDがあった。これからもずっと、彼に存在し続けて欲しいから。

   http://kasa.air-nifty.com/blog/2016/09/post-b87c.html

【追記】本日、延期された福岡公演の開催日程がメール配信された。「横浜で復帰」に前進している証拠と受けとめたい。

« J.BOY 30th Anniversary | トップページ | 大衆焼肉きらく(見附市) »

浜田省吾」カテゴリの記事