2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト
無料ブログはココログ

« 東山ファミリーランド・キャンプ場(長岡市) | トップページ | ハロウィンと土用 »

2016年10月30日 (日)

日曜版または週間新聞を

201402_hs_2 新聞がないことの幸福感と新聞を読まないことの爽快感は、経験者のみが知る新境地だと思う。しかし、日曜の朝などは、ゆっくりと新聞の文化面でも眺めたい気分になる。珈琲をおかわりして。

 外国には日曜版や週間新聞があると聞く。日本には日刊ゲンダイや夕刊フジのようなタブロイドの夕刊紙(地方ではごく少部数しか読まれていないが)があるのに、日曜新聞がない。「しんぶん赤旗」や「公明新聞」に日曜版はあるが、やはり政党機関紙では重くなりがちだし、敷居も高い。

 例えば、8枚刷り24ペーシで、1週間の出来事が曜日別に7ページ、週間ラテ欄が2ページ、記事7ページ、広告8ページ。記事は配信記事で良い。地方版もいらない。価格は1,080円/月程度。

 新聞社が自らの首を絞めることになる日曜版を発行するわけがなく、出版業あるいは流通業なら成り立ちそうな事業だと思うが。ネット配信の時代に古びた発想か。

« 東山ファミリーランド・キャンプ場(長岡市) | トップページ | ハロウィンと土用 »

雑感」カテゴリの記事