2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト
無料ブログはココログ

« ジャニーズ・システム 終わりの始まり | トップページ | IKEAのザリガニ »

2016年8月17日 (水)

白石城(益岡城)へ

Dsc_0367 お盆休みを使って仙台へ。仙台の史跡は以前回ったことがあり、今回は白石市・白石城を訪れた。今年の大河ドラマの主人公である真田信繁(幸村)にも縁がある城。そして、新潟(越後)とも縁があることを知った。

 歴史年表によれば、豊臣秀吉の時代、伊達氏支配下にあったこの地を没収し、会津若松城とともに蒲生氏郷に与え、家臣である蒲生源左衙門郷成が、白石城を築城し城主となった。

 新潟(越後)との縁とは、1598年に上杉領となった際、わずかな期間であるが「上杉氏家臣・甘糟備後守清長は白石城の改修を行い居城した」とある。甘糟備後守清長は直江兼続と同じ、越後上田庄(六日町)の出身。

 再び伊達領となった後は、代々伊達家の軍師を務めた片倉家が当地を治めた。「伊達政宗の右目潰し」などの逸話も多い。明治に至るまで11代続いたというから名君だったのだろう。

 現在の城は再建されたものであるが、白石市内を一望する天守からの景色は心洗われる。同じ公園内にある歴史探訪ミュージアム、中でもハイビジョンシアターの作品はとても楽しめるのでオススメだ。また、川のせせらぎとともに歩いて10分で着く武家屋敷や白石市の町並みも風情がある。

 白石城 http://www.shiro-f.jp/shiroishijo/index.html

« ジャニーズ・システム 終わりの始まり | トップページ | IKEAのザリガニ »

旅行・地域」カテゴリの記事