2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト
無料ブログはココログ

« 第31回 夏季オリンピック開会 | トップページ | 「お気持ち」表明 »

2016年8月 7日 (日)

夏競馬を満喫

Dsc_0360_2

Dsc_000061_2

 今夏初の競馬観戦。春開催は行けなかったから、今年初でもある。今日の新潟地方は猛暑。新潟競馬場から20㌔離れた胎内市・中条では全国2位の気温38度を記録したというから、競馬場も35度はあったと思う。

 夏競馬の観戦パターンは、まず「早起きして指定席整理券の列に並ぶ」こと。指定席はインターネット予約もあるが、抽選なので確実ではない。夏休み期間でもあり、当選確率はかなり低く、夏競馬は競争率10倍も珍しくない。新潟競馬場では、7時30分までに並べば、希望の席がほぼ確保できる。そして「A席(1000円)を確保する」。指定席はS席(1500円)→A席(1000円)→B席(500円)と、高い席から順に埋まっていく。さらにS・A・B席は上段・中段・下段を選ぶことができる。

 S席は小さなモニターが備わっており(2人に1台)、パドックやオッズなどの情報がわかる。A席はモニターなしだが、椅子が快適だ。B席は椅子が固く、1日過ごすには少々辛い。もっとも、指定席は屋内席なのでクーラーが効き、2階・3階を使っているから眺めも良い。

 開門は通常9時。席に着いたら、早速、生ビール。冷やした缶ビールを持参することもある。つまみは競馬場売店のものも良いが、選択肢が限られるのでコンビニで調達していく。ここで2時間ほど、まったりと過ごす(車なので、帰路につく時間から逆算して6時間は空ける)。したがって、午前のレースは小さく買う。

 午後は基本的に大好きな新馬戦から始まるので力が入る。最近は指定席に座っていても、馬券を買いに席を立たない人も多い。手元のパソコンやタブレット、スマホ等で購入しているようだ。馬券を握り締め、レース観戦に熱くなる光景も少なくなった。夏の競馬場は様々なイベントをやっている。家族連れも十分に楽しめる。

 5R新馬戦はランガディア(父:キングカメハメハ)、11Rレパードステークス(GⅢ・3歳ダート)はグレンツェント(父:ネオユニヴァース)が、いずれも現在のリーディングジョッキーである戸崎騎手の騎乗で勝利した。どちらのレースもジョッキーの好騎乗が光ったが、2頭とも、今後が楽しみな馬だ。

 久しぶりに武豊が新潟で騎乗し、写真は撮り損ねたが、M.デムーロ、JRAとしては16年ぶりの女性ジョッキーの藤田菜七子騎手と役者が揃っていた。馬券の収支は適度なマイナス。1日遊んでストレス発散。元は取っている。この夏、もう1日、行けるかな。

【写真】 パドックの武豊とゲストで来場していた元・中日の“レジェンド”山本昌さん。 

Dsc_0362_2

Dsc_0357_4

« 第31回 夏季オリンピック開会 | トップページ | 「お気持ち」表明 »

競馬」カテゴリの記事