2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト
無料ブログはココログ

« ボケる確率 100% | トップページ | 台風10号 »

2016年8月26日 (金)

King of Fruits 桃とスイカ

Dsc_0383 10年前にやっていたブログにも同じことを書いたと思う。自分にとって「King of Fruits」は桃だ。昨今は9月になっても美味しい桃を食べられるが、夏の終わりは桃の季節の終わり。旬は過ぎる。先日、川中島という品種の桃を食べて、その美味しさと食感に驚いた。ちょうどスーパーに桃の品種について掲示してあったのでパチリ(写真)。

 夏の果物といえばスイカ。幼い頃、スイカが苦手な自分におふくろや祖母が必ずと言っていいほど桃を用意してくれた。「お前は桃が好きだからね」と半ば桃好きをすり込まれたようなところがある。スイカにかじりつく姿に憧れた。今も憧れている。右から左、左から右へ、噛むことと飲み込むことを同時進行する。そして、黒いタネをペッと出す。タネはどこに保管していたのか。美味しそうに食べる姿は、見ていて気持ちいい。でも、決して羨ましくはなかった。家では「嫌い・食べない」で済むが、スイカは夏の必須アイテムだから、臨海学校、林間学校、町内の行事、社会人になってからも営業先で出されることもあった。いつだったか、「あんた、スイカ嫌いだね?」と言われたことがあった。食べ方でわかるそうだ。食べ慣れないスイカを10分もかけて食べていたからだろうか。青くなるまで食べるのか?

 桃の話。桃は葡萄などとは違い、大まかには「丸い桃色の果実」と一括りできるから、品種に拘ったことはなかった。桃には白鳳系と白桃系があり、多くの交配を重ねていること、品種によって甘み・水分量・身の硬さ等が異なることがわかった(どの果物でもそうだけど)。桃好きを自認しておきながら、桃のことは全く知らなかった。よく食べているのは白根白桃か。先日食べた川中島は白桃系に属している。川中島と言うくらいだから隣県・長野発祥らしいが、新潟では川中島を見かけることが少ない。栽培の適性や消費者の嗜好など、地域性が影響しているのだろうか。

« ボケる確率 100% | トップページ | 台風10号 »

雑感」カテゴリの記事