2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« この国の行方 | トップページ | 桐生商店(長岡市) »

2016年7月 5日 (火)

2つのテロとアメリカ・ロシア・フランス

バングラデシュの首都ダッカ、イラクの首都バグダットで凄惨で凄まじい事件が起きた。

 バングラデシュの首都ダッカの飲食店で日本時間7月2日未明に発生した武装集団による人質・立てこもり事件で、安否不明となっていた日本人男性5人、女性2人の計7人の死亡を確認。事件では特殊部隊が2日朝、突入作戦を敢行し、日本人男性1人を含む人質13人を救出したが、20人が死亡した。
 過激派組織イスラム国が2日、インターネット上で犯行声明を出し、5人の戦闘員が「十字軍の兵士」22人と警官2人を殺害したと主張した。
 武装集団は「神は偉大なり」とアラビア語で叫び、飲食店を襲撃。日本人8人は食事中だった。日本政府高官は「バングラデシュ政府の説明では、7人は治安部隊の突入前に殺害されており、突入時の被害ではない」と指摘。8人は国際協力機構(JICA)のプロジェクトに関わっていた。バングラデシュ軍スポークスマンは「遺体の多くが鋭利な武器で残忍に切り付けられていた」と述べた。イタリア外務省によると、イタリア人9人も犠牲になった。AFP通信によれば、米国人1人、インド人1人も死亡した。【ダッカ時事から引用】

 イラクの首都バグダッドで7月3日未明に起きた自爆テロの死者は4日までに、同国内で過去最悪規模の少なくとも213人に達した模様。過激派組織・イスラム国が犯行声明を出しており、アバディ首相は「テロリストに報復する」と宣言した。
 3日のテロは、ラマダン(断食月)明けの祝祭日を控え、買い物客であふれかえるカラダ地区商店街で、自動車爆弾がさく裂。ビルに炎が広がり、犠牲が拡大した。死者数はさらに増える可能性がある。
 ISは、6月26日にイラク治安部隊の攻勢でバグダッドに近い活動拠点のファルージャを失うなど、劣勢が続いている。一方で、民間人を標的とする無差別攻撃を激化させている。【カイロ時事から引用】

 2つの事件は「テロリストによるテロ行為」と世界に報道される。

 2つの事件に使われた爆薬や銃・小火器は、どこの国の誰が作ったものだろう。

 made in USA   made in RUSSIA   made in FRANCE

 テロリズムを「後方支援」する「国連常任理事国の罪」は、いつ・誰が報道するのか。

      そして、いつ・誰が裁くのか。それとも、裁かれないのか。

« この国の行方 | トップページ | 桐生商店(長岡市) »

柏町9階」カテゴリの記事