2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 苛烈な民主主義 | トップページ | 窓の下の道 »

2016年6月26日 (日)

フレンドのイタリアン

 「フレンドのイタリアン」が圧倒的に美味しい。食べ慣れているから?ということではなく、料理として旨い。「フレンドのイタリアン」が圧倒的に美味しい。

 イタリアンにはいくつか種類がある。カレーやホワイトソース、ハンバーグ…。驚くべき事に、ただの1度もそれらを試したことがない。40年以上食べても、その味の“虜(とりこ)”だ。

 フレンドのソフトクリームは奥さんの大好物で、お土産用をまとめ買いしている。俺はあの香料感が減点だが、幼い頃から食べている味だからか、食べると小学校の夏休みを思い出す。フレンドのぎょうざも旨いから、一時はイタリアン+ぎょうざの「ペア」にしていた時期もある。 

 「イタリアン大盛り」を“ソウルフード”のカテゴリーに入れる。キッチンの輪ゴムかけにかかっている緑の輪ゴムは、すべて「イタリアン大盛り」のものだ。

« 苛烈な民主主義 | トップページ | 窓の下の道 »

ソウルフード」カテゴリの記事